わが日本
日本国

日 本人であることの 誇りとありがたさを しみじみ感じます、詳しくは内容をご覧ください。

日本を愛す ❤日本三部作(「日本を愛す」「日本讃歌」「日本人」) ❤国旗  ❤国歌
日本の起源 ❤日本人  ❤日本国 ❤記紀 ❤天皇 ❤国体 ❤憲法
日本の地理 ❤領土   ❤気候  ❤河川・火山  ❤災害
日本の自然 ❤自然観  ❤景色  ❤景観(名勝) ❤桜 ❤紅葉
日本の歴史 ❤時代の歩み(日本史・世界史の時系列表示)❤概要 ❤年表 ❤シンボル画像 ❤年代別出来ごと ❤昭和の流行歌
日本の文化 ❤日本文化 ❤宗教 ❤日本語 ❤日本語方言 ❤今年の漢字 ❤和暦 ❤しきたり・風習 ❤年中行事 ❤文学 ❤唄 ❤童謡・唱歌 ❤登録 ❤遺産 ❤日本食
      ❤日本茶
すばらしい日本語 ❤大和言葉 ❤美しい言いまわし ❤言葉の由来・語源
日本の伝統 ❤芸事 ❤美術 ❤工芸 ❤食・風俗 ❤建築 ❤世界遺産 ❤絶景 ❤四季の祭 
日本の現代 ❤近代化遺産 ❤都道府県のシンボル
外国人の見た日本 ❤映像「日本に誇りと自信を」 ❤「平和の俳句」(海外から)❤世界が感謝!「日本のもの」❤世界が称賛!「すごい日本人」❤日本の名著 ❤親日国
海外からの観光客 ❤訪問地域 ❤国籍・旅行費 ❤観光スポット ❤満足度・期待内容 ❤客誘致策

愛する日本について、その起源 自然 文化 伝統などから
あらためて、その美しさを見直したいと思います。
先ずは 丘灯至夫 先生の日本三部作を味わってみましょう
丘灯至夫
丘灯至夫 先生


                       詩文(吟譜付)吟詠再生中に開けます
                      日本を愛す
                      日本讃歌(和歌「敷島の」を含む)
                      日本人

君が代は「天皇の治世」を奉祝する歌であり、「祝福を受ける人の寿命」を歌う和歌を元にしている。
歌詞の出典はしばしば『古今和歌集』(古今和歌集巻七賀歌巻頭歌、題しらず、読人しらず、国歌大観番号343番)とされるが古今集のテキストにおいては初句を「わが君は」とし、現在採用されているかたちとの完全な一致は見られない。
イギリスの日本研究家。東京帝国大学文学部名誉教師バジル・ホール・チェンバレンが日本国歌「君が代」を日本語に翻訳した
我が君は  千代にやちよに  さざれ石の巌となりて  苔のむすまで
現存する国歌では世界最古の歌詞で、全編大和言葉でできている
君が世は  千代にやちよに  さざれ石の巌となりて  苔のむすまで
作曲は宮内省雅楽課楽長・林広守(林広季と奥好義の合作?)で、楽曲的には「ヨナ抜き律音階」の美しいメロディである。 ⇒詩吟の楽典
元々は年賀のためであったこの歌は、鎌倉期・室町期に入ると、おめでたい歌として賀歌に限られない使われ方が始まり、色々な歌集に祝いごとの歌として収録されることになる。
日本国政府の公式見解は、国旗国歌法が提出された際の1999年(平成11年)6月11日の段階では『君』とは大日本帝国憲法下では主権者である天皇を指していたと言われているが、日本国憲法下では、日本国及び日本国民統合の象徴である天皇と解釈するのが適当である。日本国憲法下では、天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと理解することが適当であるとしたが、そのおよそ2週間後の6月29日に「君」とは日本国憲法下では、日本国及び日本国民統合の象徴であり、その地位が主権の存する国民の総意に基づく天皇のことを指す『代』は本来、時間的概念だが、転じて『国』を表す意味海外からの観光客もある。『君が代』は、日本国民の総意に基づき天皇を日本国及び日本国民統合の象徴する我が国のこととなる(君が代の歌詞を)『我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと解するのが適当』と変更した。