日本の歴史
歴史の記述には編体法(年代順)と紀述法(個人記述を主体)がありますが、以下はほとんど編体法によります。

年代の概要

年代概   要該当する文化・年代
原始縄文時代以前のはるか昔、北方からやってきた日本人の祖先が日本列島に定着してから、大陸や南方から渡ってきた人々が文化をもたらすことはあったと考えられるが、早い時期から大陸とは異なる日本固有の文化が育ってきた。日本語と系統関係が証明された言語は存在しない。
   8万年前石器
                  (H28.5.7 中日新聞)
火焔土器
旧石器文化、
縄文文化、 弥生文化
古代前漢の時代頃から中国の王朝に積極的に朝貢し初め、先進文化国だった中国の文物を受け入れるようになった。金属器(玉、鏡、刀剣類など)や漢字、仏教などがその代表である。後には遣隋使、遣唐使が派遣され、留学生が先進文化を学び、日本に持ち帰ってきた。また朝鮮半島からの遣日本使を迎え入れ、逆に遣新羅使、遣渤海使を派遣するなど外交的・貿易的なつながりを持っていた。こうして日本固有の文化の上に外来の文化が取り入れられていった。遣唐使の廃止(894年)後、外国からの影響が日本独自に消化されてゆき、「国風文化」時代を迎えた。貴族の女性の間で漢字からかな文字が生まれ、源氏物語や枕草子に代表される和歌や物語、日記文学など文芸が盛んになった。芸術の分野でも、法隆寺や唐招提寺の建築には中国などの影響が強く見られたのに対して、宇治平等院では日本人好みの表現になっている。こうした文化様式を和様と呼ぶ法隆寺宇治平等院

古墳文化、 飛鳥文化、
白鳳文化、天平文化、
弘仁・貞観文化、
国風文化、 院政期文化
中世古代末から中世に武士が台頭してくると、流鏑馬、犬追物など武士特有の文化が生まれ、合戦をテーマにした軍記物語(平家物語など)も生まれた。彫像も、力強い肉体を持った物へと代わっていった(金剛力士像等はその代表といえる)。都や農村では猿楽や田楽などの舞踊が発達した。平清盛の宋との貿易以降、日宋貿易が盛んに行われた。この時代には禅宗僧の往来がしきりで、禅宗とともに持ち込まれた文化(精進料理、水墨画、喫茶の習慣など)はその後の日本文化の発展に大きな影響を与えた。天竜寺船、勘合貿易により中国との往来は絶えることはなく、銅銭が大量輸入され、唐物が珍重された。室町時代は戦乱の世であったが、東山文化の時代を中心にして、猿楽(能)、茶の湯、書院(書院造)などが発展し、今日「日本的」といわれる文化の多くがこの時代につくられた。金剛力士像
鎌倉文化、
室町文化(北山・東山文化)
近世安土桃山時代にヨーロッパの新しい異文化がもたらされた(南蛮文化)。鉄砲が戦闘形式を一変させ、天下統一への道を開いたほか、外来語、天ぷらなど飲食物も伝えられた。イエズス会などの宣教師たちがキリスト教の布教を進めたが、徳川幕府がスペイン・ポルトガルの領土的野心疑うと共に、特定宗教が国内における大勢力になることを嫌ったため、宣教師は追放され、次いで禁教の施策が取られた。こうして江戸幕府はキリスト教の禁止および鎖国の道を選ぶことになる。この時期には宣教師及び朝鮮出兵で捕虜となった技術者が活版印刷の技術を伝え、刊行本が世に出回り始めた。政権が安定し、鎖国により外国と隔絶された日本では、平和な時期が長く続き、再び独自の文化が発達した。寺子屋や藩校の普及により読み書き算盤が広く浸透し、幕府奨励の儒学のほかに本草学などの自然科学が育った。庶民の間では芝居(歌舞伎、人形浄瑠璃)や刊行物(浮世草子、読本など)、そして浮世絵が愛好され、世俗的な文化が栄えた。大相撲興行が始まったのもこの頃である。また日本本来の伝統を捉え直そうという国学も興り、幕末の尊皇攘夷運動の思想的土壌を作った。鎖国体制の中でも、制限された形で中国・朝鮮との交流は続いていた。西洋との交流は厳しく制限されたものの、長崎の出島を通じてオランダとの交易が行われた。長崎から入ってくる中国文化や西洋文化は知識人の好奇心を刺激し、洋学や蘭学(医学)、漢方医学が発達した。この流れは、幕末に帝国主義時代の欧米の接近に際して対応する力となり、開国の原動力のひとつになった。姫路城
桃山文化、寛永文化、
元禄文化、天明文化、化政文化
近代幕末の開国、明治維新を経て、欧米の文物・制度を取り入れ日本の近代化を図ることが国家目標になった。新奇な風俗が次々にもたらされ文明開化の風潮が広まった。政府主導で積極的な西洋文化の導入が図られ、鹿鳴館時代には皮相的に急激な西洋化が図られたが、日本の伝統を見直そうという反動の動きも起こった。「和魂洋才」という言葉もよく使われた。啓蒙的な思想家が封建的な思想や習慣を否定し、西洋の政治制度、文物を紹介し、新聞、雑誌などのメディアや鉄道など交通機関の発達は各地に新しい文化を広め、庶民生活に大きな影響を与えた。しかし、都市部から離れた地域(農村部)では依然として、農業を基盤とした伝統的な行事や生活習慣が続いていた。大正時代頃には進学率の上昇などを背景に、都市を中心に洋風の文化が次第に浸透し、デパートに代表される消費文化、大衆文化が成立した。アメリカの大衆文化の影響もあって、都市にはカフェーや映画館などの享楽的な文化も広まり、エロ・グロ・ナンセンスが流行した。一方で貧富の格差も増大し、労働争議や社会主義運動が起こるようになる。都市のスラム化も社会問題となった。昭和初年の大恐慌により経済は疲弊し、農村は荒廃した。国民の期待は軍部に集まり、弱腰であると非難されていた政治家は信頼を失った。やがて日中戦争が始まると、共産主義・社会主義への弾圧が強まり、自由主義も弾圧された。戦意高揚のために日本及び日本民族の優秀さが説かれた。国際的には英米などから批判を受けて、日独伊三国同盟を結んだ。世界から孤立した日本は真珠湾攻撃により太平洋戦争を開戦し、第二次世界大戦に参戦、国家総力戦のため食料や資源が統制された。太平洋戦争末期には、連合国の海上封鎖と空襲、働き盛りの男性が徴兵されたことによる労働力不足のために、日本は深刻な食糧難と物資不足に見舞われることになる。戦争遂行のため大衆文化や伝統文化も政府に統制された。帝国ホテル旧館真珠湾攻撃
文明開化、明治維新、
大正デモクラシー、昭和文化
現代日本がポツダム宣言を受け入れて降伏し、アメリカ軍を主体とする連合国軍に占領されると、日本の大半はGHQの管轄下におかれた。GHQの指示により日本政府は特権階級、武装及び軍国主義の排除・解体・追放と産業・経済の民主化を進めた。旧植民地およびソ連軍占領地域からの引き揚げや戦地からの復員が進み、日本人は戦後しばらくの間は苦しい生活を強いられた。戦後はアメリカの近代文化が国民の憧れとなり、高度経済成長により日本は飛躍的な工業化と都市化を遂げる。これに伴い従来の生活習慣は革命的な変化をとげ、伝統的な生活習慣の多くが失われていった。しかし戦後日本はアメリカのコピーではなかった。アメリカの近代的な文化を受け入れながら、独自の日本的な形に消化し、多彩で豊かな食文化、アニメや漫画などをはじめとする新しい日本の文化が生まれた。アメリカに次ぐ経済大国となった日本は自信を回復し、1970年の大阪万博では「人類の進歩と調和」が謳いあげられた。東アジアを除く諸外国では、近年にいたるまでもっぱら「サムライ」「ゲイシャ」などの一部の伝統的な文物が日本文化として知られていたが、1990年代以降、諸外国にも現代的な日本の大衆文化やサブカルチャーに興味を持つ人々が増えてきた。特にゲームやアニメ、漫画、映画、音楽、パーソナル・コンピュータ、インターネット、携帯電話、スマートフォンなどのコンテンツや、食文化は欧米やアジアの都市部に浸透し、それらに関する店や施設(寿司バーや漫画ショップ)が多数みられるようになっている。大阪万博
昭和文化、大衆文化、
サブカルチャー、 ヤンキー文化
総括● 日本文化は有史以来、中国文化圏に属し輸入文化・翻訳文化の側面を持ち、積極的に外国の文化を摂取し、これを在来の文化と融合して日本化することで独自の文化を形成してきた。しかし、同じく中国文化の絶大な影響を受けた韓国・ベトナムと異なり、政治的には中国の諸王朝の支配に入ったことは一度もなかった。

● 平安期と江戸期に日本は外国との交流を絶ったが、この時期に日本独自の文化が顕著に熟成されたという特徴がある。強大な中華帝国唐が盛んな時代には、貴族は中国文化を模範とした天平文化を築き、留学生が学んできた先進文化が政策上の規範になった。漢文を流暢にこなすことは、貴族にとって重要なことだった。遣唐使が中止された後は「国風文化」が興ったが、この時期までの文化の中心は貴族と寺院であった。平安末期の平氏政権期から鎌倉時代にかけて日宋貿易が行われ、新しい仏教とともに精進料理や文人画などの中国文化が流れ込んだ。その後の日本の伝統文化にもこの時期に宋から取り入れられた文物の流れをくむものが多い。

● 鎌倉時代には関東を中心にした武士の文化が京都の王朝文化と並び立つものとして勃興する。室町時代には日明貿易によって引き続き中国文化が持ち込まれ、この時期に輸入された織物や陶器、書画などは、現代に残る伝統工芸品の技術に流れ込んでいる。

● 室町時代から安土桃山時代には、戦国大名により各地に地方色豊かな文化が生まれた。江戸時代、鎖国の世にも長崎を通じて中国との交流は続き、儒学者などの間には中国崇拝の風潮が強く残っていた。一方では日本の独自性への自覚から伝統への回帰として国学などの学問も興った。

● また、江戸時代は江戸・京都・大坂の3大都市を中心に町人の文化が栄えた時期である。その後、近代日本の文化は、明治維新と連合国占領時代の2度、大転換期を迎えた(もっとも、これは都市部を中心とする視点であり、民俗学などでは、むしろ第二次世界大戦と高度経済成長によってもたらされた文化の断絶が強調されている)。われわれ現在の日本人がイメージする伝統的文化にも明治以降に生まれたもの(例:神前結婚)や俗に言う外国文化であるもの(例:“コウノトリが赤ちゃんを運ぶ”という伝説。これはヨーロッパの民話であるが、日本でも地域的に定着している)も多い。

●「明治維新以降-第二次世界大戦降伏まで」の時代には、帝国主義国が植民地争奪を繰り広げる国際環境の中、西洋の圧倒的な文明と先進文化を前に日本のアイデンティティをどう捉えるかが課題であった。第二次世界大戦以前の帝国主義時代には、日本を強国にするため積極的に西洋の文物や価値観を取り入れようとする動き(脱亜思想)と、独立のために伝統を強調しようとする動き(国粋主義)、そして西洋文明に対抗してアジア諸国の連合を目指す動き(アジア主義)が存在した。この3つの潮流はしばしば衝突し、極端な西洋崇拝になったり、日本文化のアジア進出に結びついたり、また西洋文明を蔑視するようになったりもした。

● 最終的にはこの3つの流れは合流し、大東亜共栄圏へとつながっていく。第二次世界大戦後は、アメリカ文化を積極的に受け入れる(アメリカナイゼーション)動きが優位となり、日本文化のアメリカ化が進むものの、この3つの価値観は日本の外来文化をめぐる態度の底流として影響を与え続けていると見られる。


歴史年表

日本史時代区分

時  代社会の主な出来事
区分年代西 暦日   本近隣諸国
原始旧石器~BC2000原始人類(直立猿人・北京人類)の出現(約50万年前)
8万年前の石器(?)発見(上記 H28.5.7 中日新聞記事)
現世人類の出現約3年前
日本列島の形成 細石器文化
中国:殷王朝(BC1600頃)
   周王朝(BC1050頃)秦始皇帝中国統一(BC221) 
縄文BC2000~400縄文土器・竪穴住居・氏族社会 縄文海進(気温上昇)
仏教伝来 
前漢(劉邦:武帝)
 ↓
後漢(劉秀:光武帝)
黄巾の乱
 ↓
三国(魏・蜀・呉)時代
弥生BC400~AD200弥生土器・水稲耕作・青銅器の移入
卑弥呼の倭国(邪馬台国)成立 日本の古墳群
飛鳥592~710大化の改新 聖徳太子執政 律令国家 法隆寺建立 
「日本」「天皇」号決定」?
隋の中国統一
唐建国と中国統一
奈良710~794平城京に遷都
「古事記」・「日本書紀」・「万葉集」編纂  東大寺大仏造立
唐玄宗即位 安禄山の乱
王維・李白・杜甫、白居易
平安794~1185平安京に遷都 遣唐使派遣
比叡山(最澄)・高野山(空海)建立 
黄巣の乱 蘇東坡
中世鎌倉1185~1333建武の中興 執権政治確立 平氏滅亡(壇ノ浦戦)
永平寺(道元)創建 蒙古襲来
朱熹 蒙古チンギスハン即位
南北朝
室町
1333~1573南朝(後醍醐天皇)・ 北朝(光明天皇)
室町幕府成立 川中島の戦 桶狭間の戦
明建国(北京に遷都)
朝鮮建国
近世戦国
安土桃山
1573~1603本能寺の変 山崎の合戦 大阪城築城 秀吉関白叙任
関ケ原の戦 家康江戸城入城
明の内乱
江戸1603~1868江戸幕府開く 大阪夏の陣 徳川家康没(東照大権現)鎖国
町人の台頭 元禄文化盛ん 赤穂事件 寛政改革
国学・蘭学の発達 ペリー来航 桜田門外の変 大政奉還
明滅亡
清朝建国(康熙帝 ・乾隆帝)
近代明治1868~1912明治維新 戊辰戦争 廃藩置県 自由民権運動
文明開化 大日本帝国憲法発布 日清戦争
日露戦争 社会主義運動 韓国併合
朝鮮国号改名(韓国)
中国革命同盟結成
辛亥革命
大正1912~1926大戦景気 国際連盟に加入 関東大震災
大正デモクラシー 大正文化 恐慌襲来
中華民国成立(清朝滅)
国民党(蒋介石)分離
現代昭和1926~1989ファシズム台頭 日中戦争 太平洋戦争
降伏と民主化 日本国憲法公布 TV放送 バブル経済→平成不況
西安事件 文化大革命
韓国・北朝鮮分離
平成1989~昭和天皇崩御 地下鉄サリン事件 阪神淡路大震災
G7広島サミット   G7伊勢志摩サミット
天安門事件 金日成没
          
          

【エトセトラ】明治は遠くなりにけり
島国ながら悠久の歴史の上に「和」を尊び「共生」を伝統とした我が国が、今や「無縁社会」を病み、外に向っては「ガラバコス化」を自嘲している。かってわが国は、先進文明の換骨奪胎を梃子に驚異的な発展を遂げた。世界中が注目した国民の勤勉さや我慢強さも、辛うじて息づいていた仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌の徳目とともに戦後民主主義や昭和バブルの大波に呑まれ跡を留めない。グローバル化のもと途上国の激しい追い上げを前に、資源確保や国民の安全・安心にすら手が回らず、戦後70年の今日に至っている。丘灯至夫氏の名作「明治は遠くなりにけり」(作曲:船村徹)がいま蘇る。
音符水の流れと人の身の 行方定めぬ世の姿 晴の維新の大業も 足跡絶えて幾星霜 ああ明治は遠くなりにけり音符

各時代のシンボル画像

画像下の拡大図「説明文字」をクリックで拡大表示、拡大図右上で閉じる


石器
人類進化秦始皇帝秦始皇帝陵万里長城
拡大図人類進化秦の始皇帝皇帝陵(兵馬俑)万里の長城

縄文
竪穴住居の構造丸山遺跡縄文時代の生活縄文出土器
拡大図竪穴住居丸山遺跡縄文時代の生活拡大図縄文土器

弥生
邪馬台国図卑弥呼青銅器弥生出土器
拡大図邪馬台国卑弥呼拡大図青銅器弥生出土器

古墳
大和国大和政権前方後円墳氏姓制度
大和国大和政権前方後円墳:氏姓制度

飛鳥
聖徳太子律令官制宮家法隆寺
聖徳太子拡大図律令官制拡大図宮家法隆寺

奈良
平城京跡東大寺大仏唐・玄宗帝李白と杜甫
平城京跡東大寺大仏唐・玄宗帝李白と杜甫

平安
平安神宮遣唐使船比叡山延暦寺高野山奥の院
平安神宮遣唐使船比叡山延暦寺高野山奥の院

鎌倉
壇ノ浦戦跡源頼朝永平寺蒙古襲来
壇ノ浦戦跡源頼朝永平寺蒙古襲来

南北朝
室町
後醍醐天皇陵湊川神社楠公・桜井の別れ桶狭間古戦場
後醍醐天皇陵湊川神社拡大図桜井の別桶狭間古戦場

戦国
安土桃山
本能寺炎上山崎の合戦大阪城徳川家康
本能寺炎上拡大図山崎合戦大阪城徳川家康
江戸江戸城址関ヶ原の戦い日光東照宮町人の台頭
江戸城址拡大図関ヶ原戦日光東照宮町人の台頭
寛政の改革本居宣長黒船来航桜田門外の変
拡大図寛政改革本居宣長黒船来航桜田門外の変

明治
戊辰戦争廃藩置県日露戦争東京大学(赤門)
拡大図戊辰戦争拡大図廃藩置県拡大図日露戦争東京大学

大正
国連加盟東京駅開業宝塚歌劇米騒動
国連加盟東京駅開業宝塚歌劇初公演米騒動

昭和
満州国建国真珠湾攻撃神風特攻隊原爆投下
拡大図
満州国建国
太平洋戦争突入
(真珠湾攻撃)
神風特攻隊原爆投下(広島・長崎)
GHQ本部マッカーサーと天皇昭和天皇大喪の礼
GHQ本部マッカーサーと昭和天皇昭和天皇
(人間宣言)
昭和天皇崩御
(昭和天皇大喪の礼)
極東軍事裁判神武景気伊勢湾台風新幹線
極東軍事裁判
拡大図判決者名
神武景気
(三種の神器)
伊勢湾台風新幹線
吉田茂大阪万博沖縄返還国鉄民営化
吉田茂死去大阪万博沖縄返還国鉄民営化

平成
今上(明仁)天皇御成婚オウム真理教天安門事件阪神淡路大震災
今上天皇御成婚拡大図オウム教天安門事件阪神淡路大震災
長野五輪国旗国歌法米国同時多発テロ三宅島噴火
長野五輪国旗国歌法米国同時多発テロ三宅島噴火
小泉首相訪朝(金正日)愛知地球博中部国際空港郵政民営化
小泉首相訪朝愛知万博(愛知地球博)中部国際空港郵政民営化
オバマ米国大統領東日本大震災御嶽山噴火イスラム過激派IS
オバマ米国大統領東日本大震災御嶽山噴火イスラム過激派IS
天皇フィリピン画像の説明画像の説明オバマ広島訪問
天皇皇后両陛下
フィリピン慰霊訪問(H28.1.26)
G7広島サミット(H28.4.11)
原爆死没者慰霊碑献花
伊勢志摩サミット(H28.5.25-26)オバマ広島訪問
リオ五輪
ブラジル・リオ五輪


昭和初期~太平洋戦争終結

昭和元年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
大正19年
------------
昭和元年
1926大正天皇崩御(改元) ダイアル式自動電話
映画「国定忠治」 流行歌「船頭小唄」
蒋介石・国民革命軍総司令に就任
昭和2年1927金融恐慌 モガ・モポ 地下鉄開通(浅草ー上野)
映画「椿姫」 流行歌「酋長の娘」
南京事件(蒋介石・国民革命軍) 国共分裂(中国)
昭和3年1928ラジオ体操 インフルエンザ大流行(東京)
流行歌「波浮の港」「出船の港」
満州重大事件(関東軍・張作霖爆殺)
昭和4年1929ドタバタ喜劇(エノケン)
流行語「大学は出たけれど」流行歌「東京行進曲」
世界恐慌(株大暴落)
昭和5年1930地下鉄ストア 特急「つばめ」
流行語「銀ブラ」 流行歌「すみれの花咲く頃」
反日運動(中国・台湾)
昭和6年1931羽田空港開設 流行語「いやじゃありませんか」流行歌「丘を越えて」満州事変勃発
昭和7年19325.15事件(犬養首相暗殺) 三勇士ブーム
映画「生まれてはみたけれど」
流行語「話せばわかる」 流行歌「島の娘」 
日本傀儡国家「満州国」
昭和8年1933国際連盟脱退 『東京音頭』大流行
三原山投身自殺 
ヒトラー就任(ドイツ)
昭和9年1934野球ブーム(ベーブ・ルース来日)室戸台風
映画「会議は踊る」流行歌「赤城の子守唄」
流行語「名鏡止水」
南満州鉄道

昭和10年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
昭和10年1935国定教科書 流行性脳炎 流行語「豊作貧乏」
流行歌「」二人は若い
中国共産党8.1宣言
昭和11年19362.26事件 流行語「今からでも遅くはない」
流行歌「東京ラプソディ」
ベルリン・オリンピック
昭和12年1937国民唱歌「海ゆかば」 流行語「挙国一致」
流行歌「別れのブルース 」
日中戦争(盧溝橋事件) 日独伊防共協定
昭和13年1938国家総動員法 流行語「代用品」
流行歌「旅の夜風」
日ソ両軍衝突(中国)
昭和14年1939国民徴用令 集団就職列車
流行語「日の丸弁当」
流行語「大利根月夜」
ノモンハン事件 第二次世界大戦
昭和15年1940紀元2600年記念奉祝 流行語「ぜいたくは敵だ」
流行歌「月月火水木金金」
日独伊三国同盟
昭和16年1941米穀配給統制 国民学校令
流行語「ニイタカヤマノボレ」流行歌「そうだその意気」
対英米戦
昭和17年1942弾丸切手 B25初空襲 流行語「欲しがりません勝つまでは」
流行歌「森の水車」
ミッドウエイ海戦
昭和18年1943学徒出陣 鳥取地震 流行語「撃ちてし止まむ」
流行歌「若鷲の歌」
イタリア無条件降伏
昭和19年1944学童集団疎開 神風特攻隊 東南海地震
流行語「代用食」流行歌「同期の桜」
サイパン島玉砕

昭和20年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
昭和20年1945原爆投下 東京大空襲 「ポツダム宣言」受諾
終戦(玉音放送)流行語「ピカドン」流行歌「轟沈」
硫黄島・沖縄全滅
昭和21年1946青空教室 墨塗り教科書 日本国憲法公布
流行語「買い出し」流行歌「リンゴの唄」
昭和22年1947日本国憲法施行 独占禁止法・労働基準法公布
流行語「不逞の輩」流行歌「東京ブギウギ」
インドパキスタン等独立
昭和23年1948極東軍事裁判終る 帝銀事件
流行語「老いらくの恋」流行歌「異国の丘」
韓国・朝鮮人民共和国成立
昭和24年1949湯川秀樹ノーベル賞受賞 流行語「アジャパー」
流行歌「銀座カンカン娘」
中華人民共和国成立
昭和25年1950警察予備隊創設 流行語「貧乏人は麦を食え」
流行歌「東京キッド」
朝鮮戦争起る
昭和26年1951日米安全保障条約調印 流行語「社用族」
流行歌「上海帰りのリル」
太平洋安全保障条約締結
昭和27年1952日華平和条約調印 流行語「エッチ」
流行歌「テネシー・ワルツ」
エリザベス女王即位
昭和28年1953NHK.TV放送開始 奄美諸島復帰
流行語「バカヤロー解散」流行歌「君の名は」
スターリン死去
昭和29年1954自衛隊発足 ビキニ水爆被爆
流行語「むちゃくちゃでござりますがな」流行歌「お富さん」
東南アジア集団防衛条約

昭和30年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
昭和30年1955原子力基本法成立 流行語「頼りにしてまっせ」
流行歌「月がとっても青いから」
チャーチル辞職(イギリス)
昭和31年1956国際連合に加盟 流行語「もはや戦後ではない」
流行歌「ここに幸あり」
スエズ動乱
昭和32年1957国連安全保障理事会非常任理事国に当選
流行語「一億総白痴化」
流行歌「東京だよおっ母さん」
欧州経済共同体(EEC)成立
昭和33年1958流行語「ながら族」流行歌「だからいったじゃないの」人工衛星打上げ成功(米国)
昭和34年1959伊勢湾台風 流行語「カミナリ族」
流行歌「南国土佐を後にして」
月ロケットが月裏面撮影に成功(ソ連)
昭和35年1960日米新安全保障条約調印 流行語「所得倍増」
流行歌「アカシアの雨が止む時」
韓国暴動
昭和36年1961農業基本法成立 流行語「わかっちゃいるけどやめられない」
流行歌「上を向いて歩こう」
ケネディ大統領就任
昭和37年1962貿易自由化始まる
流行語「」
流行歌「いつでも夢を」
キューバ封鎖事件
昭和38年1963日本初の高速道路(名神)流行語「ガチョーン」
流行歌「こんにちは赤ちゃん」
朴正熈大統領就任(韓国)
昭和39年1964国鉄新幹線運行開始 東京オリンピック開催
流行語「おれについてこい」流行歌「アンコ椿は恋の花」
初の核実験(中国)

昭和40年代 終戦まで

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
昭和40年1965日韓基本条約調印 流行語「ベ平連」
流行歌「まつの木小唄」
シンガポール独立
昭和41年1966日ソ航空協定締結 流行語「ボカァしあわせだなぁ」
流行歌「星影のワルツ」
文化大革命(中国)
昭和42年1967吉田茂死去 流行語「フーテン」
流行歌「夜霧よ今夜もありがとう」
ヨーロッパ共同体発足
昭和43年1968小笠原諸島日本復帰 流行語「大きいことはいいことだ」
流行歌「三百六十五歩のマーチ」
核兵器拡散防止条約
昭和44年1969大学紛争で機動隊出動 流行語「アッと驚くタメゴロー」
流行歌「黒猫のタンゴ」
ニクソン大統領就任(米国) アポロ月面着陸
昭和45年1970大阪万国博 流行語「鼻血ブー」
流行歌「知床旅情」
中東戦争停戦



【太平洋戦争の終結】
「玉音放送」2015/07/31 に公開
今月15日で太平洋戦争の終結から70年を迎えるのを前に、宮内庁は1日付で、194­5年に昭和天皇がラジオで終戦の詔書を読み上げた「玉音放送」について、原盤レコード­の音声を初めて公開した。

終結詔書原本
終結詔書内容
終結詔書解説

戦後の発展

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
昭和20年1945ポツダム宣言受諾調印
「ポツダム宣言」受諾 天皇「玉音放送」
大阪万博 赤軍「よど号」 三島由紀夫自決 流行語「青空市場」流行歌「同期の桜」
硫黄島・沖縄全滅
昭和21年1946日本列島改造論 流行語「買い出し」
流行歌「リンゴの唄」
ニクソンショック
昭和22年1947沖縄返還 浅間山荘事件 日中国交回復
流行語「アプレゲール」 流行歌「啼くな小鳩よ」
反国民政府暴動(台湾)
昭和23年1948第一次オイルショック ノーベル賞(江崎玲於奈)
流行語「てんやわんや」流行歌「東京ブギウギ」
大韓民国・朝鮮人民共和国建国
昭和24年1949元日本兵・小野田少尉 ノーベル賞(佐藤栄作)
流行語「アジャパー」 流行歌「青い山脈」
北大西洋条約機構(NATO)調印
昭和25年1950警察予備隊創設 流行語「貧乏人は麦を食え」
流行歌「東京キッド」
朝鮮戦争起る
昭和26年1951日米安全保障条約調印 流行語「社用族」
流行歌「上海帰りのリル」
太平洋安全保障条約締結
昭和27年1952日華平和条約調印 流行語「エッチ」
流行歌「テネシー・ワルツ」
エリザベス女王即位
昭和28年1953NHK.TV放送開始 奄美諸島復帰
流行語「バカヤロー解散」流行歌「君の名は」
スターリン死去
昭和29年1954自衛隊発足 ビキニ水爆被爆
流行語「むちゃくちゃでござりますがな」流行歌「お富さん」
東南アジア集団防衛条約
昭和30年1955原子力基本法成立 流行語「頼りにしてまっせ」
流行歌「月がとっても青いから」
チャーチル辞職(イギリス)
昭和31年1956国際連合に加盟 流行語「もはや戦後ではない」
流行歌「ここに幸あり」
スエズ動乱
昭和32年1957国連安全保障理事会非常任理事国に当選
流行語「一億総白痴化」
流行歌「東京だよおっ母さん」
欧州経済共同体(EEC)成立
昭和33年1958流行語「ながら族」流行歌「だからいったじゃないの」人工衛星打上げ成功(米国)
昭和34年1959伊勢湾台風 流行語「カミナリ族」
流行歌「南国土佐を後にして」
月ロケットが月裏面撮影に成功(ソ連)
昭和35年1960日米新安全保障条約調印 流行語「所得倍増」
流行歌「アカシアの雨が止む時」
韓国暴動
昭和36年1961農業基本法成立 流行語「わかっちゃいるけどやめられない」
流行歌「上を向いて歩こう」
ケネディ大統領就任
昭和37年1962貿易自由化始まる
流行語「」
流行歌「いつでも夢を」
キューバ封鎖事件
昭和38年1963日本初の高速道路(名神)流行語「ガチョーン」
流行歌「こんにちは赤ちゃん」
朴正熈大統領就任(韓国)
昭和39年1964国鉄新幹線運行開始 東京オリンピック開催
流行語「おれについてこい」流行歌「アンコ椿は恋の花」
初の核実験(中国)
昭和40年1965日韓基本条約調印 流行語「ベ平連」
流行歌「まつの木小唄」
シンガポール独立
昭和41年1966日ソ航空協定締結 流行語「ボカァしあわせだなぁ」
流行歌「星影のワルツ」
文化大革命(中国)
昭和42年1967吉田茂死去 流行語「フーテン」
流行歌「夜霧よ今夜もありがとう」
ヨーロッパ共同体発足
昭和43年1968小笠原諸島日本復帰 流行語「大きいことはいいことだ」
流行歌「三百六十五歩のマーチ」
核兵器拡散防止条約
昭和44年1969大学紛争で機動隊出動 流行語「アッと驚くタメゴロー」
流行歌「黒猫のタンゴ」
ニクソン大統領就任(米国) アポロ月面着陸
昭和45年1970大阪万国博 流行語「鼻血ブー」
流行歌「知床旅情」
中東戦争停戦
昭和46年1971沖縄返還協定調印 流行語「脱サラ」
流行歌「また逢う日まで」
中華民国国連脱退
昭和47年1972沖縄復帰 田中首相 日中国交正常化 札幌五輪開催
流行語「お客様は神様です」 流行歌「瀬戸の花嫁」
南北朝鮮平和的統一共同声明
昭和48年1973円変動為替相場移行
流行語「これにて一件落着」 流行歌「くちなしの花」
ベトナム和平成る
昭和49年1974日中航空協定調印
流行語「諸悪の根源」流行歌「襟裳岬」 
エチオピア皇帝を廃位
昭和50年1975沖縄海洋博 天皇・皇后史上初渡米
流行語「ダサい」流行歌「シクラメンのかほり」
ベトナム戦争終る
昭和51年1976ロッキード事件 流行語「わかるかな、わからねぇだろうな」
流行歌「北の宿から」
天安門事件
昭和52年1977日中平和友好条約 気象衛星「ひまわり」
流行語「よっしゃよっしゃ」流行歌「津軽海峡冬景色」
文化大革命終結
昭和53年1978成田空港 流行語「窓ぎわ族」
流行歌「与作」
新憲法公布(中国)
昭和54年1979東京初サミット 流行語「ナウい」
流行歌「別れても好きな人」
朴正熈大統領暗殺(韓国)
昭和55年1980大平正芳首相急死 流行語「からすの勝手でしょ」
流行歌「大阪しぐれ」
イラン・イラク戦争
昭和56年1981ノーベル賞(福井謙一)流行語「ハチの一刺し」
流行歌「もしもピアノが弾けたなら」
米国スペースシャトル レーガン大統領就任(米国)
昭和57年1982東北上越新幹線 テレホンカード
流行語「逆噴射」流行歌「北酒場」
フォークランド紛争
昭和58年1983初の比例代表制 日本海中部地震
流行語「くれない族」流行歌「さざんかの宿」
大韓航空機撃墜
昭和59年1984人口・1億2千万人突破 流行語「イッキイッキ」
流行歌「浪花節だよ人生は」
10回先進国首脳会議(ロンドン)
昭和60年1985科学万博 日航機墜落 流行語「キャバクラ」
流行歌「望郷じょんがら」
ゴルバチョフ就任(ソ連)
昭和61年1986三原山大噴火 流行語「亭主元気で留守がいい」
流行歌「時の流れに身をまかせ」
原発事故(ソ連)
昭和62年1987国鉄分割民営化(JR) 流行語「朝シャン」
流行歌「人生いろいろ」
米ソ中距離核戦力全廃条約調印
昭和63年1988青函トンネル開業 瀬戸大橋開通
流行語「しょうゆ顔、ソース顔」流行歌「乾杯」
アフガニスタン和平合意に調印

平成元年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
昭和64年
------------
平成元年
1989昭和天皇崩御 消費税導入
流行語「NOと言える日本」流行歌「川の流れのように」
ブッシュ大統領就任(米国)
平成2年1990即位の礼 花の万博 流行語「オヤジギャル」
流行歌「おどるポンポコリン」
東西ドイツ統一
平成3年1991雲仙岳噴火 流行語「…じゃあ~りませんか」
流行歌「北の大地」
ソ連邦消滅 湾岸戦争発生
平成4年1992カンボジア派遣(自衛隊)流行語「きんさん・ぎんさん」
流行歌「君がいるだけで」
ラモス大統領就任(フィリピン)
平成5年1993北海道南西地震 流行語「サポーター」流行歌「無言坂」クリントン大統領就任(米国)
平成6年1994松本サリン事件 流行語「同情するならカネをくれ」
流行歌「イノセントワールド」
マンデラ大統領就任(南アフリカ)
平成7年1995阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件
流行語「安全神話」流行歌「オーバーナイト・センセーション」
シラク大統領就任(フランス)
平成8年1996薬害エイズ和解 流行語「自分で自分をほめたい」
流行歌「Don't wanna cry」
李登輝・初代民選総統就任(台湾)
平成9年1997タンカー座礁事故多発 流行語「失楽園(する)
流行歌「ひだまりの詩」
香港・中国に返還

平成10年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
平成10年1998長野五輪 流行語「だっちゅーの」流行歌「夜空ノムコウ」インドネシア各地暴動
平成11年1999国旗・国歌法成立 流行語「雑草魂」流行歌「だんご3兄弟」欧州単一通貨(ユーロ)
平成12年2000介護保険制度始動 三宅島噴火 流行語「おっはー」
流行歌「慎吾ママのおはロック」
パレスチナ衝突激化
平成13年2001テロ対策特別措置法成立 流行語「聖域なき改革」」流行歌「DEAREST」同時多発テロ(米国)
平成14年2002小泉首相訪朝(金正日総書紀と会談)流行語「タマちゃん」北大西洋条約機構に準加盟(ロシア)
平成15年2003個人情報保護法成立 流行語「なんでだろう~」流行歌「地上の星」フセイン体制崩壊(イラク)
平成16年2004新潟中越地震 イラク派遣(陸上自衛隊)流行語「チョー気持ちいい」流行歌「マツケンサンバ!!」イラクでテロ
平成17年2005愛知万博 JR福知山線脱線事故 流行語「想定内(外)」流行歌「Butterfly」同時多発テロ(ロンドン)
平成18年2006防衛省昇格関連法成立 流行語「格差社会」流行歌「RealFace」地下核実験(北朝鮮)
平成19年2007郵政民営化 国民投票法成立
流行語「(宮崎を)どげんかせんといかん」
流行歌「」
サルコジ大統領就任(フランス)

平成20年代

時 期主な出来事・流行
和暦西暦日本外国
平成20年2008岩手・宮城内陸地震 流行語「グ~!」
流行歌「千年恋歌」
四川省大地震(中国)
平成21年2009民主党大勝(政権交代) 裁判員制度始まる
流行語「政権交代」流行歌「ときめきのルンバ」
オバマ大統領就任(米国)
平成22年2010日中間緊張(尖閣諸島)
流行語「ゲゲゲの」
流行歌「」
大地震(ハイチ チリ)
平成23年2011東日本大震災 東電福島原発事故
流行語「なでしこジャパン」流行歌「それでも信じてる」
ユーロ圏財政金融危機深刻化 反政府デモ(エジプト)
平成24年2012自民党大勝 尖閣諸島国有化
流行語「ワイルドだろぉ」流行歌「真夏のSounds good」
国内内戦状態激化(シリア)
平成25年2013共通番号制度関連法案成立 特定秘密保護法公布
流行語「今でしょ!」流行歌「しぐれの港」
反政府デモ(トルコ) 軍事クーデター(エジプト)
平成26年2014御嶽山噴火 集団的自衛権行使容認閣議決定
流行語「ダメよ~ダメダメ」流行歌「ラブラドール・レトリバー」
エボラ出血熱感染拡大(西アフリカ)
平成27年2015イスラム過激派組織IS(日本人人質殺害)
流行語「爆買い」流行歌「僕たちは戦わない」
米国・キューバ国交回復合意 ネパール大地震
平成28年2016伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミット

画像の説明

各国首脳

日本アメリカフランスイギリスドイツイタリアカナダ欧州連合
日本アメリカフランスイギリスドイツイタリアカナダ欧州連合
首相:安倍晋三大統領:オバマ大統領:オランド首相:キャメロン首相:メルケル首相:レンツィ首相:トルドー議長:トゥスク
委員長:ユンクー

画像の説明 賢島地図
             会場:志摩観光ホテル(新館)                   賢島地図

昭和の流行歌

美空ひばり

昭和時代を象徴する大歌手「美空ひばり」の葬儀は、東京青山葬儀所で営まれ全国七会場にも祭壇が設けられ衛星放送で同時進行する画期的な試みで行われ、女性歌手として初めての国民栄誉賞にも輝いた。美空ひばりの遺影は十万本の紫の花で飾られた祭壇の前で弔辞が続く、「僕らは目標を失った」(北島三郎) 「もっと長く歌って欲しかった、無念だ」(汪貞治) 「和枝さんと、慣れた呼び名であなたを送る」(萬屋錦之助) 「もう友だちは作らない、後から私も行くからね」(中村メイコ) 「あえなく消えた、美の一生だった」(森繁久彌)・・・・・。圧倒的に「ありがとう」の五文字が多かった。昭和を歌い尽したキャリア・空前絶後の実績と足跡・私生活を捨てた修羅の芸・筋を重んじ情にもろかった人柄・・・・と参列した人々はみな同じ思いで、ひばりを偲んだ。
この日の東京の最高気温は30.9度、公演初日に雨が降ったことのない「晴れ女」美空ひばりの最後の日は、快晴微風の真夏日だった。                 「昭和の歌100」小西良太郎・著より転載)


戦後・昭和(昭和20年~昭和64・平成元年)の懐かしい流行歌を聴いてみましょう!
動画の操作方法
画面中央の 起動アイコン → 再生開始をクリックすると再生開始、
再生画面下のタスクバータスクバー最右アイコンをクリックするとフルスクリーン(全画面)表示ができ、キーボード左上[ESC]で戻る
再生画面下のタスクバーで 一時停止(演奏停止) で再生を継続します。


   昭和20(1945)年        昭和21(1946)        昭和22(1947)年       昭和23(1948)年       昭和24(1949)年
      同期の桜           りんごの唄             啼くな小鳩よ         東京ブギウギ          青い山脈


   昭和25(1950)年        昭和26(1951)        昭和27(1952)年       昭和28(1953)年       昭和29(1954)年
      東京キッド         上海帰りのリル          テネシーワルツ            君の名は            お富さん


   昭和30(1955)年        昭和31(1956)年      昭和32(1957)年       昭和33(1958)年       昭和34(1954)年
   月がとっても青いから        ここに幸あり          東京だョおっかさん      だから言ったじゃないの      南国土佐を後にして


   昭和35(1960)年        昭和36(1961)年    昭和37(1962)年        昭和38(1963)年         昭和39(1964)年
  アカシアの雨がやむとき       上を向いて歩こう       いつでも夢を         こんにちは赤ちゃん        アンコ椿は恋の花


   昭和40(1965)年        昭和41(1966)年      昭和42(1967)年       昭和43(1968)年       昭和44(1969)年
   まつのき小唄           星影のワルツ       夜霧よ今夜もありがとう       三六五歩のマーチ       黒ネコのタンゴ


   昭和45(1970)年        昭和46(1971)年        昭和47(1972)年     昭和48(1973)年       昭和49(1974)年
      知床旅情           また逢う日まで         瀬戸の花嫁          くちなしの花            襟裳岬


    昭和50(1975)年       昭和51(1976)年      昭和52(1977)年      昭和53(1978)年       昭和54(1979)年
    シクラメンのかおり         北の宿から         津軽海峡冬景色           与作           別れても好きな人    


    昭和55(1980)年       昭和56(1981)年       昭和57(1982)年       昭和58(1983)年       昭和59(1984)年
      大阪しぐれ       もしもピアノが弾けたなら         北酒場            さざんかの宿         浪花節だよ人生は


    昭和60(1985)年     昭和61(1986)年         昭和62(1987)年      昭和63(1988)年     昭和64・平成元(1989)年
    望郷じょんがら       時の流れに身をまかせ       人生いろいろ             乾杯             川の流れのように