吟剣詩舞振興会

【公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会

  世界は一家 人類は皆兄弟

画像の説明

日本吟剣詩舞振興会は、日本の伝統芸道である吟詠・剣舞・詩舞の向上振興と日本文化の高揚への寄与を目的とする財団法人として、日本船舶振興会(現・日本財団)の基本財産出捐により、昭和43年(1968年)10月に文部科学大臣の許可を受け、設立されました。法人設立にあたっては、全国の各流宗家や各団体の責任者から懇望されて笹川良一が初代会長に就任し、平成7年に第二代会長に笹川鎮江が就任しました。平成25年(2013年)4月には内閣府より認定を受けて、公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会となりました。現在は菅原道雄が第五代会長を務めています。
全国の吟剣詩舞に親しむ人たちの総本山として、北海道・東日本・中部・近畿・中国・四国・九州各地区の7地区連絡協議会及び都道府県単位の51の吟剣詩舞道総連盟(北海道は5地区に分割)の公認組織を持っています。
吟剣詩舞の向上という基本姿勢については、初代会長笹川良一の「もともと吟剣詩舞は高い価値をもつ立派な伝統芸道だ。しかし、どんな立派な芸道でも大勢の人がこれは素晴らしいと感じるような魅力がなければ発展しない。そこで、まず今日の現代人の感覚に合うような魅力ある芸道に育てあげることだ。」という言葉に象徴されるように、全国の吟剣詩舞指導者に対し、芸の工夫と精進を呼びかけると同時に、指導者の規範としての吟剣詩舞道憲章の制定を行う一方、さまざまな事業を計画、実行してきました。
【現在の主な事業】としては、
・指導者の育成を目的とする夏季吟道大学や剣詩舞道大学などの開催
・相互研鑚を目的とする吟詠と剣詩舞の各種コンクールの開催とコンクール審査規定の制定
・全国大会の実施
・吟詠のための統一教本としての吟剣詩舞道漢詩集の刊行
・月刊誌「吟と舞」(旧誌名:「吟剣詩舞」)の発行
などを行っています。

【吟剣詩舞道憲章】

詩歌は人の心の表現であり、すぐれた詩歌は人類文化の遺産である。われわれの先達は、この詩歌を吟じ、その吟により舞うことを考え、芸としての向上進歩を目ざして精進努力を重ね、吟詠・剣舞・詩舞というわが国独自の高雅な芸道を育てあげた。
吟剣詩舞道は礼と節を、その心とする。詩歌に親しんで情操を高め、日本民族の心を探求しながら、自己の陶冶を志向するこの芸道こそ、わが国の精神文化の高揚に不可欠なものである。
われわれは、この価値ある吟剣詩舞道を受け継いだことに大きな誇りをもつと同時に、各人の研鑽と相互の協力によって、ますます斯道を隆盛に導く責任を果たさなければならない。しかも、その実践は、この芸道の心、すなわち礼と節の上にたたなければならない。その軌範として、この憲章を制定する。
  昭和五十年一月十一日
    公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会

笹川良一

初代会長 笹川良一
 ほか役員一同
笹川鎮江二代目会長 笹川鎮江




一、基本姿勢
  吟剣詩舞道を行う者は、礼と節とを行動の軌範とし、日々、芸の研鑽と品性の陶冶に努める。
二、指導者の心構え
  吟剣詩舞道を指導する者は、みずから師たるにふさわしい人格、識見を備え、指導全般にあたっては権威をもって臨む。
三、師に対する心構え
  吟剣詩舞道を学ぶ者は師弟の礼節をわきまえ、秩序を堅持する。
四、分家・独立
  吟剣詩舞道を行う者が分家・独立をする場合は、その組織を代表する者の許しを得る。
五、他流との関係
  吟剣詩舞道を行う者は他流の名誉を傷つけ、秩序を乱すような言動は厳に慎む。
六、吟剣詩舞道の普及向上
  吟剣詩舞道を行う者は、大衆性と芸術性を併せもつ斯道の今日像を正しく伝え、特に青少年層における吟剣詩舞道の普及向上に努める。
七、吟剣詩舞道の目標と相互の協力
  吟剣詩舞を行う者は、相互に協調、互譲の精神をもって斯道の普及振興に協力し、本会の認める姉妹団体とも動物有機体的団結をもって、
  日本の伝統に基づく、国家社会の正しい発展に寄与する。
【水六訓】笹川良一
一、あらゆる生物に生命力を与えるは水なり。
一、常に自己の進路を求めてやまざるは水なり。
一、如何なる障害をも克服する勇猛心と、よく方円の器に従う和合性とを兼ね備えるは水なり。
一、自から清く他の汚れを洗い清濁併せ容るの量あるは水なり。
一、動力となり光となり、生産と生活に無限の奉仕を行い何等報いを求めざるは水なり。
一、大洋を充し、発して蒸気となり、雲となり、雨となり、雪と変じ、霰と化してもその性を失わざるは水なり。
水を心とすることが平和と健康と長寿の妙薬であります。

【吟剣詩舞とは】


   剣舞            吟詠            詩舞

吟剣詩舞

吟剣詩舞(ぎんけんしぶ)は、漢詩や和歌を詠う吟詠(ぎんえい)と、その吟詠にのせて舞う剣舞(けんぶ)、詩舞(しぶ)を総称した日本の伝統芸道です。












【吟詠とは】
吟詠(ぎんえい)は、日本人の心を歌う伝統芸道です。お子さんからご高齢の方まで楽しめる、吟詠の魅力や代表的な演目、成り立ちを紹介します。

画像の説明

吟詠は詩吟(しぎん)とも呼ばれる、 詩に節をつけて歌う邦楽のひとつです。
吟詠のコンクールでは漢詩と和歌の詩が用いられますが、そのほかにも俳句、新体詩、現代詩など、どのような詩でも吟ずることができます。
吟詠家は詩の内容をとらえ、歌によってその心情や情景を再現しようと心の底から吟じあげます。詩の作者の気持ちが読み取れることが吟詠家の力量の高さを表します。
吟詠を聴くときには、吟じられる詩の意味や背景を知っているほど楽しめるでしょう。






ことわざとしても有名な「少年老い易く学成り難し」からはじまる、朱熹(しゅき)『偶成(ぐうせい)』の吟詠をお聴きください。

吟詠の音楽と発声
吟詠のメロディーとなる節には、詩の心を表現するために詩の句や単語といった一部の音を伸ばす節付けと、強弱がつけられます。音階はミ・ファ・ラ・シ・ドの五音構成を用い、詩のイメージに合わせたテンポやリズムがつけられます。吟詠を舞台芸術として多くの方に観ていただくために、日本吟剣詩舞振興会は「安定した音程で正しい音階の節を吟ずる」「吟の節付けは、話し言葉のアクセントを重視する」「詩の内容を、音楽芸術的に感動を与えて表現する」を吟ずるときのポイントとしています。
吟詠家の所作と衣装
吟詠は舞台芸術であると同時に、礼節に重きをおく日本の伝統芸道ですので、舞台では芸の始まりと終わりに演者が観客に対して礼の心を表すことが決まりとなっています。
衣装は吟にふさわしいものを選びます。男性の場合は和装は紋付に袴、洋装はダブルのスーツが一般的です。色は黒に限らず、春の吟には若草色、秋の吟には茶系の色紋付などを合わせて詩の心を表現します。
女性の場合は和装が主流となっており、吟にふさわしい色や柄、模様の着物、帯、帯締、襟を組み合わせます。
和装の場合は伝統芸能の約束にならい、扇を持つ習慣があります。


【剣詩舞とは】
剣詩舞(けんしぶ)は、剣舞(けんぶ)と、詩舞(しぶ)という2つの舞踊があり、どちらも吟詠(ぎんえい)に合わせて舞う芸道です。古武道の格式と、詩の心を表す芸術性をあわせもつ、2つの舞の特徴を紹介します。

       剣舞                 詩舞
剣詩舞
剣舞とは
剣舞は、吟詠に合わせて刀や扇を持って舞う舞踊です。
古武道の型を尊重した動きに特徴があり、刀の差し方(帯刀)や斬り方、構え方といった基本動作に剣術や居合術などの刀法、礼法の影響を受けています。演技者には、武人の心構えや武士道の精神、気迫、格調を備えていることが求められます。
題材となる詩の心を理解し、武道の型を芸術的に昇華したところに剣舞の魅力があるといえます。
剣舞の衣装と小道具
剣舞の始まりが武士などにあることから、衣装の多くは紋付きと袴の和装となっており、日本吟剣詩舞振興会のコンクールでは紋付きなど和服、または稽古着、はかま着用と定めています。
詩の内容を写実的に衣装で表すことはありませんが、戦いの場面で鉢巻やたすきを用い、場面の激しさを演出することがあります。
剣舞の名の通り、持ち道具の主役は刀です。江戸時代の武士が持っていた大小2本の刀のうち、剣舞で使用するのは大きい打刀(うちがたな)のみとなっています。持ち道具には扇や、演出によっては長刀などの武具も登場します。
剣舞の成り立ち
広義の剣舞の起源は古く、奈良・平安時代には舞楽(ぶがく)や神社の神楽(かぐら)があり、中国(漢代)にも剣を持った舞があったことが伝えられています。
吟詠によって演じる現代の剣舞は、明治維新後に剣士・榊原健吉が始めたというのが定説です。当時、武芸者たちが剣術試合を行っており、その余興として剣舞を披露したところ好評を得たといいます。
その後、鹿児島出身の日比野正吉と高知出身の長宗我部親が剣舞を芸道としてまとめたことから、さまざまな流派が生まれました。戦後は舞台芸術としてその芸術性を追究し、現代剣舞として優れた演技を生み出しています。


詩舞とは
吟詠を伴奏に舞う舞踊を詩舞といい、主に扇を持って舞うところが剣舞と異なります。
吟詠の詩は漢詩だけでなく、和歌や新体詩なども幅広く用いられます。「詩を聞かせ、そして舞う」といわれ、吟と舞が一体となった演出が見どころです。
演技者は詩の心をつかみ、その詩の世界をある時は具体的に、ある時は抽象的に、緩急自在に表現します。
大槻磐渓(おおつきばんけい)『平泉懐古(ひらいずみかいこ)』の詩の心を表現した舞です。


詩舞

詩舞の衣装と小道具
日本吟剣詩舞振興会のコンクールでは、詩舞の衣装は和服、はかま着用と定めています。
例えば、歴史上の人物が詠んだ詩の場合にはその人物を写実的に表し、情景を詠んだ詩の場合には詩の心を抽象化して表すなど、詩の内容にふさわしく、振付の意図を盛り上げる衣装が用いられます。
扇は、日本舞踊などと同様に舞扇(まいおうぎ)を使用します。演劇のような大道具は使わずに、扇を刀や笛などに見立てたり、身分や役柄を表す小道具として演出に用います。




詩舞の成り立ち
中国には、詩を吟じ、それに振りを付けて舞う様子が記された3000年も前の詩が残されています。奈良・平安時代に多くの中国文化がもたらされたときに、そのひとつとして詩舞が伝えられました。
現代の詩舞は、明治維新後に剣舞が誕生したことに始まります。剣舞に女流の剣舞家が登場し、好評を博したことから、女性剣士が刀の代わりに舞扇を用いることが考案されたといわれています。現在は、剣舞の格調ある様式を受け継ぎ、総合的な舞台芸術として発展しています。

【メディア情報】

テレビ
日本レジャーチャンネル「素晴らしき吟剣詩舞」

日本レジャーチャンネル「サムライ剣舞シアター」

JLCニュース
    夏季吟道大学             剣詩舞スーパーチーム         高知で人気の詩吟教室

⇒ 動画一覧
⇒ 日本レジャーチャンネル(JLC)とは    日本レジャーチャンネル(JLC)

ラジオ
NHKラジオFM放送「邦楽のひととき」
午前11:20~11:50(予定) 午前5:20~5:50(再放送)

【刊行物】


  月刊誌(毎月、購読契約者)        特別号(春号・夏号、市販
月刊誌 特別号
以下は、(公財)日本吟剣詩舞振興会機関誌「吟と舞」特別号(Vol.2)より抜粋・転載させていただきました。

H28名流大会広告

平成28年度全国名流吟剣詩舞道大会
日時:平成28年5月5日(木・こどもの日)開場・午前9時
会場:和歌山県民文化会館
主催:(公財)日本吟剣詩舞振興会
後援:文化庁、和歌山県、和歌山市、NHK、
   テレビ和歌山、和歌山新報社、和歌山文化協会




平成27年度全国名流吟剣詩舞道大会
   高知県立県民文化ホール


          平成28年度全国名流吟剣詩舞道大会 (和歌山県民文化会館)
            日本の伝統芸道吟剣詩舞の世界は、奥深く、そして美しい
吟剣詩舞
   【剣舞】 鍛えられた体幹が創り出す舞姿        【吟詠】        【詩舞】 たおやかな扇は
       詩歌の心情を全身で体現する        詩歌の心情を詠う         ときにひとひらの花びらになり
                                            ときに天から降る雪の舞姿になる


紀州・和歌山に咲く夢舞台「怪力無双の荒法師・武蔵坊弁慶 もう一つの物語」
武蔵坊弁慶

武蔵坊弁慶

【特別企画構成番組】 出演者
青柳芳寿朗青柳弦太朗多田正稔多田正満
  青柳芳寿朗     青柳弦太朗   多田正稔     多田正満
入倉昭山 原 光希 多田麻衣子
   入倉昭山       原 光希     多田麻衣子

出演者名役 柄略    歴
青柳芳寿朗企画・演出
湛 増
日本吟剣詩舞振興会近畿地区連絡協議会副議長、兵庫県吟剣詩舞道総連盟副会長
兵庫県神戸市長田区で青柳流剣詩舞道を開設、吟詠の吟道瑞鳳流の宗家でもある。
青柳弦太朗弁 慶幼い頃より青柳芳寿朗家元のもとで剣詩舞を習い全国剣詩舞コンクール決勝大会で
S56年剣舞少年の部・H6年剣舞青年の部・H8年詩舞青年の部で優勝
多田正稔後白河多田正千栄初代家元が創立した正義流詩舞同好会の二代家元
多田正満宗主の弟
多田正満平清盛清和源氏の血統である多田家の出自で
明治40年創流した大日本正義流の三代宗家
入倉昭山源義経剣詩舞道の流派として百年以上の歴史を持つ日本壮心流(愛知県・豊橋市)の三代宗家
原 光希牛若丸青柳弦太朗宗範の長男で劇団ひまわりに所属
ライオンキングではヤングシンバ役で出演
多田麻衣子小玉虫多田正稔家元の長女で剣詩舞スーパーチーム(下記)に所属
H27年度全国剣詩舞コンクール詩舞青年の部で優勝

剣詩舞スーパーチーム 剣詩舞界で光輝くスターたち
剣詩舞スーパーチーム
【番組構成】
京都五条橋で牛若丸(源義経)に敗れて以来、生涯義経の忠臣として付き従ったと云われる武蔵坊弁慶には不明な部分が多く、謎に包まれている。
この番組はNHK連続ドラマ「武蔵坊弁慶」を脚色した作家・冨田常男の創作による小玉虫が思い出を語る手法で物語を進展させる。

〇幕番 幕
演   目
吟 剣 詩 舞
(イメージ画像)
あ   ら   す   じ
プロローグ詩舞「神の邑(春)」
 第1幕
平治の乱
画像の説明源義朝・藤原信頼連合軍は、後白河上皇と二条天皇の身柄を確保し、側近・信西を自害に追い込んだ。熊野詣をしていた平清盛は急ぎ都に戻る。清盛は上皇と天皇を奪い返し藤原信頼を斬首、逃げ落ちた源義朝も討ち死にする。
 第2幕
幼き日の出逢い
朗詠
和歌「かよいこぞよ」
画像の説明
都に上った玉虫は清盛の娘・徳子に仕えることになった。町に出た玉虫は屈強な浪人にさらわれそうになり、毬栗頭の大男が現れて助けてくれる。名を聞かれて「叡山の鬼若」と答えて走り去った。
 第3幕
救われた和子さま
詩舞
「常盤孤を抱くの図に題す」
画像の説明
義朝の側室・常磐御前は今若・乙若・牛若の三人息子を連れ大和国に逃れる。後に京都に戻り今若・乙若は出家し牛若も鞍馬寺に預けられるが、常磐御前の美貌に心を動かされた清盛が頼朝を処刑しなかったことを理由に、三人の命を助けたとも言われる。
 第4幕
邂逅
剣舞「鞍馬の牛若」
五条橋
徳子の長谷寺参詣代参・右京太夫にお付きした玉虫が毬栗頭の大男(鬼若)を見かけ、以来二人は逢瀬を重ねるようになる。叡山を下りた鬼若は武蔵坊弁慶と名乗り京都に出没して刀狩りをはじめる。いよいよ千本目、五条橋で出会った若者に目をつけたが身軽な若者に翻弄され降参してしまう。その若者こそが牛若丸・後の源義経であった。
 第5幕
旅立ち
画像の説明義経に心酔した弁慶は家来となり奥州平泉に向う。残された玉虫の腹に小玉虫の命が宿っていることも知らずに。
剣舞「平 清盛」
画像の説明
一方、清盛に反感を抱く後白河法皇の近臣達は鹿ケ谷の俊寛の山荘に夜ごと集まり、清盛排斥の謀を進めていた。ある時、法皇も参加して密議をしていたところに捕り手が現れ、近臣達は捕えられるが、清盛は法皇だけは逃げるのを黙認した。
 第6幕
平氏追討の令旨
詩舞「遊びをせんとや」
画像の説明
清盛は院政を高倉天皇に返すように後白河法皇に迫り鳥羽殿に幽閉、三ヶ月後に退位され、わずか三歳の安徳天皇が即位する。院近臣は次々と逮捕・所領没収されるが、法皇の第三皇子・以仁王は平氏の強権に怒って挙兵あえなく戦死するが、打倒平氏の以仁王令旨は伊豆の頼朝にも届いた。
 第7幕
清盛の最期
詩舞「以仁王令旨」
画像の説明
剣舞「伊豆の頼朝」
兄と涙の対面を果たした義経は頼朝の手足となって活躍し弁慶も獅子奮迅の働きをする。頼朝の挙兵の翌年、平清盛は64年の生涯を閉じる。
 第8幕
一ノ谷合戦
詩舞「祇園精舎」
剣舞「清盛最期」
画像の説明
一ノ谷に構えた平氏に対し義経は断崖絶壁の鵯越から逆落しの奇襲を敢行、意表をつかれた平氏は総崩れとなり海上を屋島へと逃れた。勝利を収めた義経は京に戻り治安警備にあたる。戻った弁慶の前に玉虫は黙って小玉虫を押しやる、娘とわかった弁慶は小玉虫を抱き玉虫を引き寄せて感涙にむせんだ。
 第9幕
熊野水軍
剣舞「豪勇義経」
剣詩舞「青葉の笛」
詩舞「歌人薩摩守忠度」
詩舞「一ノ谷懐古」
画像の説明
弁慶は生まれてすぐ叔母に引取られ両親を知らなかったが、叔母から「父は熊野別当家の湛増という人」と聞かされていた。野別当家は強力な熊野水軍を擁していたが、21代野別当の湛増は当初平氏に与していた。「平氏を倒すには熊野水軍の力が必要」と考えた弁慶は、父・湛増に会うために紀州田辺へと走った。
特別番組
太地の鯨踊り
画像の説明
 第10幕
壇ノ浦の入水
剣舞「那須与一宗高」
吟詠「壇ノ浦懐古」
画像の説明
船上にあった徳子の母、二位の尼(平時子)は負けを悟って安徳帝を抱いて船縁に立つ。驚いて「尼御前、我をばいづちへ具して行かんとするぞ」と聞く安徳帝に、二位の尼は「浪の下にも都の候ぞ」と応えて海に沈んでいった。
 第11幕
涙の腰越状
画像の説明悲嘆にくれて京に戻った義経に頼朝は討手を差し向けた。義経は弁慶をはじめとする郎党と愛妾・静御前を連れて吉野に姿を眩ましたが、ここでも追討ちを受けて静御前が捕えられる。義経は藤原秀衡を頼って奥州平泉へ赴く。
 第12幕
衣川の奮戦
剣舞「安宅の関」
画像の説明
詩舞「静御前」
画像の説明

画像の説明
「義経殿を将軍として心を一にし平泉の平穏を護るのじゃ」という遺言を残して秀衡はこの世を去ったが、嫡男・泰衡はその遺言を無視して義経の館を襲った。義経を護るために仁王立ちになった弁慶は、無数の矢に射られて立ったまま最期の時を迎えた。弁慶の死を知った玉虫は病に伏し一年後に旅立った。小玉虫は父の形見を添えて母を葬った。


出典
  吾妻鏡
  義経記
  平家物語


時代背景
年表
年表(平安)
年表(鎌倉・平安)
略系図
略系図


平治の乱


義経主従逃避経路




























吟剣詩舞界で光輝く若きスターたち 剣詩舞スーパーチーム 
剣詩舞スーパーチーム

  ↓ 岳精流からの出場 : 宗家・横山精真先生  幹事長・渡 精華先生
平成28年度全国名流吟剣詩舞道大会
紀州・和歌山の魅力
和歌山県イラストMap
     


ページへ⇒ 詩吟ミニ講座  音楽の科学  日本語の発音  楽典の基礎  詩吟の楽典  岳精流の吟譜  詩吟と和楽器  コンダクターについて  吟詠伴奏曲について  吟詠のワンポイント  詩吟の歴史  岳精流の資格制度   吟詠コンクールについて  吟剣詩舞振興会  吟剣詩舞の舞台  吟道とは  日本音楽(邦楽)について  漢詩の基礎知識  漢詩の詩吟は中国語で   詩の主題  名所八景図絵   詩文の解説   吟河「学習シリーズ」   詩文関連地図・人名