名所八景図絵

                             【瀟湘八景
瀟湘八景(しょうしょう はっけい)とは、中国の山水画の伝統的な画題。またその8つの名所のこと。瀟湘は湖南省長沙一帯の地域。洞庭湖と流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘といい、古来より風光明媚な水郷地帯として知られる。北宋時代の高級官僚・宋迪はこの地に赴任したときにこの景色を山水図として画いた。後にこの画題が流行し、やがては日本にも及んだ(近江八景、金沢八景など)。

瀟湘八景

八景 ⇒  夜雨  落雁  晩鐘  晴嵐  暮雪  夕照  秋月  帰帆


瀟湘夜雨(しょうしょうやう)
  永州市蘋島・瀟湘亭。瀟湘の上にもの寂しく降る夜の雨の風景
平沙落雁(へいさ らくがん)
  衡陽市回雁峰。秋の雁が鍵になって干潟に舞い降りてくる風景
烟寺晩鐘(えんじ ばんしょう)
  煙寺晩鐘とも。夕霧に煙る遠くの寺より届く鐘の音を聞きながら迎える夜
山市晴嵐(さんし せいらん)
  湘潭市昭山。山里が山霞に煙って見える風景
江天暮雪(こうてん ぼせつ)
  長沙市橘子洲。日暮れの河の上に舞い降る雪の風景
漁村夕照(ぎょそん せきしょう)
  桃源県武陵渓。夕焼けに染まるうら寂しい漁村の風景
洞庭秋月(どうてい しゅうげつ)
  岳陽市岳陽楼。洞庭湖の上にさえ渡る秋の月
遠浦帰帆(おんぽ きはん)
  湘陰県県城・湘江沿岸。帆かけ舟が夕暮れどきに遠方より戻ってくる風景



瀟湘夜雨平沙落雁煙寺晩鐘山市晴嵐
瀟湘夜雨平沙落雁煙寺晩鐘山市晴嵐
江天暮雪漁村夕照洞庭秋月遠浦帰帆
江天暮雪漁村夕照洞庭秋月遠浦帰帆


近江八景】(画:薮井竹庵)
近江八景


吉良八景】(良哉禅師)
良哉禅師(りょうざいぜんじ):江戸中期の老師臨済宗(りんざいしゅう)の祖・白隠(はくいん)禅師の門下生五傑の一人


                       西尾市吉良町岡山花岳寺(かがくじ)所蔵(宝物)
             画像下の詩題をクリックすると詩文が表示されます(表示画面右下closeXで戻る)

鶴城の晴嵐寺津の帰帆富田の落雁吉田橋の夕照
1.鶴城(つるしろ)の晴嵐2.寺津(てらず)の帰帆3.富田(とみた)の落雁4.吉田橋の夕照(せきしょう)
丘岳の晩鐘中野の古松佐久の望月吉良山の暮雪
5.丘岳(きゅうがく)の晩鐘6.中野の古松(こしょう)7.佐久の望月(ぼうげつ)8.吉良山の暮雪

吟詠スライドショー 「吉良八景」をご覧下さい
  画面中央をクリックで再生開始、再生画面上にマウスポインターを置くと下のバーで 一時停止(演奏停止)で再生を継続します。
  タスクバー(画面下部)の最右枠印でフルスクリーン(画面拡大)となり、キーボード[ESC]で元に戻ります。

( )

幡豆郡(はずぐん)八景
木俣周平(きまたしゅうへい):明治初年の国学者・歌人、吉良町萩原の人)
詩題をクリックすると詩文が表示されます(表示画面右下closeXで戻る
城跡春色(しろあとしゅんしょく) 貫川蛍火(ぬきがわけいか) 中野孤松(こしょう) 吉田塩竈(しおがま) 宮崎観月 寒峰驟雨(さむがねしゅうう) 作島避暑 茶岳(ちゃだけ)積雪


漢詩「吉良八景」(武田静山)

吟譜



三州の絶景吉良の郷 勝楽の黒松菩薩の光
華蔵の梵鐘声隠隠 幡頭の社屋象堂堂

黄金の堤堰秋虫喞 緑蘚の古墳萬朶芳し
義理人情源徳寺 豪雄の偉業福泉揚る


武田静山




                       【遠江(とうとうみ)八景

遠江八景地図


浜名湖周辺にある八ヶ所の景勝地の総称である。歴史的・文学的・美術的な背景があることを基準として、2014年に静岡県が発表した。浜名八景・舘山八景・細江八景なども残る。
                 五山晩鐘
  大福寺(だいふくじ)      方広寺(ほうこうじ)    初山宝林寺(しょさんほうりんじ)    龍潭寺(りょうたんじ)     摩詞耶寺(まかやじ)
|大福寺|方広寺|初山宝林寺|龍潭寺|摩詞那寺 
  細江帰帆     寸座落雁     舘山秋月     瀬戸夜雨
細江帰帆 寸座落雁 舘山秋月 瀬戸夜雨
  潮見晴嵐     浜名暮雪     弁天夕照
潮見晴嵐 浜名暮雪 弁天夕照  
八景の周辺には数多くの歌碑・句碑・詩碑がありますが、下記の例歌はその一部です。

八  景例          歌作  者
五山晩鐘水無月(みなづき)の 落葉とどめず 神います
奥山の しろがねの気が 堂塔を あまねくとざす 朝ぼらけかな
水原秋櫻子(しゅうおうし)
与謝野晶子
細江帰帆車窓より はるけく望む 奥浜名湖 東名の橋 (さや)かに浮かぶ
遠つあふみ 引佐細江の 秋風に 月影寒く あしの花ちる
天皇陛下御製
佐々木信綱
寸座落雁ややあつて 放つ光や 今日の月
プリンス岬(詩集「わが浜名湖」より)
柳園成佳(りゅうえんせいか)
清水みのる
舘山秋月秋惜しむ 松と夕日や 舘山寺
舘山寺 松山(おだ)し (うみ)を来て ここは小春の 入江さざなみ 
原田濱人(ひんじん)
北原白秋
瀬戸夜雨遠江(とへたほみ) 白羽の磯と(にへ)の浦と あひてしあらば 言も通はむ
蜜柑山 上の上なる 山もみかん
万葉集(防人の歌)
久米正雄
潮見晴嵐吹きわたる 遠つ入江のあさかぜに 波間行かふ 海士(あま)小舟(おぶね)かな
うつらうつら 身をし思へば桜花 咲る皇国(みくに)に生まれあひにけり(花下言志)
鱸有飛(すずきありとび)
夏目甕麿(みかまろ)
浜名暮雪ふみわけて 今もみてしか遠つあふみ 浜名のはしに ふれる初ゆき
水のまんなかの 道がまっすぐ
賀茂真淵(まぶち)
種田山頭火
弁天夕照天の川 濱名の橋の 十文字
春の海の どこからともなく 漕いでくる
正岡子規
種田山頭火

【参考】⇒ 「遠江八景(浜名湖周辺の文学碑を訪ねて)」(発行:中日新聞社)


ページへ⇒ 詩吟ミニ講座  音楽の科学  日本語の発音  楽典の基礎  詩吟の楽典  岳精流の吟譜  詩吟と和楽器  コンダクターについて  吟詠伴奏曲について  吟詠のワンポイント  詩吟の歴史  岳精流の資格制度   吟詠コンクールについて  吟剣詩舞振興会  吟剣詩舞の舞台  吟道とは  日本音楽(邦楽)について  漢詩の基礎知識  漢詩の詩吟は中国語で   詩の主題  名所八景図絵   詩文の解説   吟河「学習シリーズ」   詩文関連地図・人名